お砂糖テスト会場

S2テスト(三択問題)

それぞれ、答えの方にチェックを入れてね!目指せ全問正解!

日本でさとうきびがつくられているのは、主に鹿児島県と何県?

沖縄県   宮崎県   熊本県

日本に砂糖が伝わったのは何時代?

奈良時代   平安時代   鎌倉時代

摂取された砂糖は、小腸で消化吸収され、(   )で血液中に現れる。ごはんやパンと比べ、砂糖は吸収が速く、失われたエネルギーをすばやく回復してくれる。

数十秒   数十分   数時間

甘いものを食べると、なんだかホッとするのは、脳をリラックスさせる(   )というホルモンが分泌されるからである。

エンクジラ   エンドルフィン   エンシャーク

1299年、(   )の「東方見聞録」に、中国・杭州の砂糖についての記述が残る。

マルコ・ポーロ   バスコ・ダ・ガマ   コロンブス

江戸時代からの伝統の製法で作る淡黄色の砂糖で、高級和菓子に利用されているのは?

中ざら糖   三温糖   和三盆

1811年、フランスの(   )がテンサイ糖の生産を奨励した。

ルイ14世   ナポレオン   ジャンヌ・ダルク

砂糖と(   )を同時に摂るようにすると、脳の働きをよくする「セロトニン」の合成を促し、学習・記憶能力がアップする。

脂肪   タンパク質   ビタミンC

今、石油に代わる新しいエネルギーとして注目されているのが、サトウキビやトウモロコシを発酵させ、蒸留して作られる(   )である。

フラボノール   エコノール   バイオエタノール

1727年、日本でサトウキビ栽培を奨励した江戸の将軍は?

3代 徳川家光   5代 徳川綱吉   8代 徳川吉宗

TOPへ戻る