今月の特集

爽やかな酸味と甘味のベストバランス!
冷たいチーズケーキで梅雨のじめじめを吹き飛ばそう! 初夏企画

ふんわり軽い口あたり
冷たいチーズケーキにトライ!
今月はベークドチーズケーキのレシピをご紹介します。
ふんわり軽い口あたりと、さっぱりとしたクリームチーズとバニラビーンズの風味で、
じめじめした梅雨も爽やかに乗り切れそう!
冷やして食べてると一層おいしい、これからの季節にぴったりのお菓子です。

上保淳子 先生 上保 淳子 先生
(じょうほ・じゅんこ)

【プロフィール】
お菓子教室「BERGAMOT(ベルガモット)」主宰。今田美奈子先生に師事。現在開校12年目を迎える。レストランのメニュー開発や健康食品のレシピの提案など幅広く活躍中。
【先生からの一言】
お菓子教室でも大好評の「ベークドチーズケーキ」の作り方をご紹介します。オーブンで焼くケーキですが、重くなく、ふわっとした食感で、これからの季節は冷やして食べるのがおすすめです。クリームチーズの爽やかな酸味とバニラビーンズの食感、お砂糖のほのかな甘味のバランスをぜひ味わってみてください。

BAKED CHEESE CAKE
ベークドチーズケーキ
ベ−クドチーズケーキ

■材料 (18cm丸型1台分)<制作時間 約90分>
 
クリームチーズ 145g
卵黄 M玉3個分
牛乳 15cc、50cc
レモン汁 小さじ1
バター 40g
薄力粉 20g
生クリーム(乳脂肪45%) 50cc
卵白 M玉3個分
グラニュー糖 55g
バニラビーンズ 1/2本(バニラビーンズを使用)
 

=下準備=
・クリームチーズを電子レンジで約40〜50秒あたためておく。
・バニラビーンズのさやを半分に切り、包丁の背でそぐようにして中のビーンズを取り出し、さやとビーンズを分けておく。
・バターを塗った型にクッキングシートを敷いておく(「ここがポイント!」コラム欄参照)。
※型は湯せんにかけるので、底が抜けないタイプの型を用意すること。
・オーブンを160℃にセットしておく。
■作り方
1. クリームチーズを泡立て器でまぜて柔らかくし、さやから取り出したバニラビーンズを加え、分離しないよう卵黄を3回に分けて入れ、よく混ぜる。

2. 1に牛乳を15cc加えて混ぜる。

3. さらにレモンの絞り汁を加え、薄力粉を振るい入れてしっかり混ぜる。

4. 鍋に牛乳50ccと生クリーム、バター、バニラビーンズのさやを入れて沸騰させる。

5. 沸騰した4を、3に少しずつ加えながらよく撹拌させる。

6. 水気のない別のボールで卵白を泡立てる。ある程度泡が立ってから、グラニュー糖を少しずつ加えてさらに泡立て、しっかりしたメレンゲを作る。
※しっかりとツノが立ち、つやが出るまで泡立てる。
※泡立て方が少ないと生地が沈んでしまうので注意。

7. メレンゲの一部を5に入れてよく混ぜる。

8. よく混ぜたら、今度は7を6のメレンゲのボールの方に数回に分けて移して混ぜ合わせる。この時、メレンゲの泡をつぶさないように、泡立て器の間に生地を通すようにして混ぜるのがコツ。


9. 生地を型に流し入れ、型ごと軽くテーブルに数回落として、空気を抜いておく。

ここがポイント!
焼きったケーキを取りやすく! 型に敷くシートにも一工夫を
ケーキ型に敷くシートに一工夫加えるだけで、焼き上がったケーキを型からはずしやすくなります。
※今回は、型を湯せんにかけるので、底が抜けないタイプの型を用意すること。
1.ハケでケーキ型にまんべんなくバターを塗る。 2.短冊型に切ったクッキングシートを十字に敷く。 3.底・側面にもクッキングシートを敷く。 4.完成。ケーキを型からはずすときに、十字の短冊部分をつまんで取り出すと、すんなり型からはずせるように!

10.ケーキを取り出すときに天板から型がずれないよう、天板にタオルをひき、その上にお湯を注いで湯せんして焼く。オーブンは160℃で30分、150℃で20〜30分間焼く。

11. 焼き色がついたら出来上がり。焼き上がったら型のまま冷蔵庫で冷やし、切り分けて器に盛る。

■完成■ ※好みで砂糖を少量加えた生クリームを添えてもおいしい!

back