今月の特集

クリスマスケーキに挑戦! クリスマス企画

ホワイトクリスマスのようなケーキを作ってみよう!
いろんな夢を叶えてくれそうなクリスマス。
雪のように美しいロマンティックなケーキでたくさんの人たちを喜ばせてあげませんか?

上保淳子 先生 上保 淳子 先生
(じょうほ・じゅんこ)

【プロフィール】
お菓子教室「BERGAMONT(ベルガモット)」主宰。
今田美奈子先生に師事。現在開校11年目を迎え、約80名の生徒をかかえる。ほかにもレストランのメニュー開発や健康食品のレシピの提案など幅広く活躍中。
【先生からの一言】
クリスマスケーキといっても、ふつうのショートケーキや、ブッシュドノエルのようにありがちなものでなく、おしゃれで目で見ても楽しめるケーキを作ってみました。

CHRISTMAS SPECIALITY <クリスマス・スペシャリティ>
材料(丸型18cm×1)
●スポンジ
卵 3個
上白糖 70g
小麦粉 70g
ココア 10g
無塩バター 20g
バニラオイル・塩 少々

●フィリング
生クリーム 150cc
上白糖 15g
クレーム・ドゥ・カシス 大さじ1強

ラズベリー(冷凍) 150g
いちご 大6粒
上白糖 55g
クレーム・ドゥ・カシス 大さじ1〜2
ゼラチン 小さじ2
水 大さじ1

●デコレーション
生クリーム 150cc
上白糖 大さじ1
ココナッツ 30〜40g

●仕上げ
ひいらぎの葉・赤い木の実・赤いローソク1本
アラザン・チョコレートプレート
CHRISTMAS SPECIALITY<クリスマス・スペシャリティ>
●準備
水の中にゼラチンを入れ、ふやかしておく。
小麦粉とココアを混ぜ合わせふるっておく。
型にオーブンペーパーを敷いておく。
-------
■生地を作る
1.ボールに卵を割りほぐし砂糖を加え、湯せんにかけながらホイッパーでよく撹拌する。(※湯せんにかけると、泡立ちが早い)
2.38℃くらいに温ったら、湯せんからおろし、しっかり泡立てる。

3.2に塩とバニラオイルを加え、準備しておいた粉類(小麦粉&ココア)を切り混ぜ、最後に溶かしバターを入れる。
4.3を型に流し、トントンと2〜3回、テーブルで型ごと叩き、空気を抜く。180℃のオーブンで20分焼く。

5.焼き上がったら、冷まし2枚に切る。上になるスポンジは、乾かないように、ラップでくるんで置いておく。
-------
■フィリング
1.いちごは1cm角に切ってラズベリーと混ぜ、クレーム・ドゥ・カシス大さじ1〜2と砂糖を加えて静かに混ぜる。


2.ふやかしておいたゼラチンを湯せんで溶かし、先にフルーツの汁をゼラチンの器へ入れ、さましてから、フルーツと合わせる。(※フルーツに直接熱いゼラチンを入れると固まってダマが出来てしまうので、必ずこの工程を守ること)

3.つぎに中に入るピンクのクリームを作ります。氷で冷やしたボールの中に乳脂肪47%の生クリーム、砂糖とクレーム・ドゥ・カシス大さじ1強を加え9分立てに泡立てます。

4.スポンジの底の1枚に3の生クリームを土手を作るように塗る。


5.1を氷水で冷やしながら、とろみをつけ、ゼリーのように。それをクリームの上に流します。

6.スポンジの5でラップにくるんでおいた、もう1枚のスポンジを上にのせ、クリームでまわりの窪みをうめていきます。

-------
■デコレート
1.乳脂肪47%の生クリーム生クリームをトロリとするまで泡立てます。(※ここは泡立て過ぎに注意)


2.トロトロのクリームをスポンジのホールの上からたらします。なめらかなクリームなので、自然とクリームが全体に広がります。まわりを少しだけパテで整えましょう。

3.全体に塗りココナッツを振りかけ、ひいらぎの葉と赤い実、アラザンなどで、好きなように飾ってください。
 
4.出来上がり! いちごとラズベリーのジュレがすこし甘酸っぱく、ココアのスポンジのほろ苦さとマッチして、少し大人のクリスマスケーキの味わいを楽しめます。
-------
■こんな材料がお菓子作りに必要です!
アラザン
アラザン
お菓子の飾りに使います。いろいろなサイズが売っていますよ。
バニラオイル
バニラオイル
バニラの香りのする香料。温かいものにはバニラオイル、冷たいものにはバニラエッセンスを使用します。
クレーム・ドゥ・カシス
クレーム・ドゥ・カシス
カシスリキュールで味に深みがでます。今回は、ピンクのクリームの色付けにも使用しました。