プラス一番BOOK

意外なプラスお砂糖 こんなシーンにも、プラス一番!
 砂糖には、たくさんの利用法があることを知っていましたか?食品としても食品以外でも、さまざまな場面に欠かせない、隠れた砂糖の活躍ぶりを紹介します。

お砂糖ミニ知識
お砂糖には賞味期限がありません
 砂糖には賞味期限がないので、安心して長期保存できます。ビニール袋に入れたままだと、コチコチに固まってしまうことがありますが、広げてちょっと霧を吹けば元通りに。フタのついた容器に入れ、常温で保存するのがベスト。他の食品の臭いや湿気のつきやすい冷蔵庫、高温になるレンジ周りは避けましょう。

切り花が、美しく長もち!
 バラの産地として有名なイタリアのサンレモ地方では、お墓の花を美しく保つのに砂糖は欠かせないアイテム。花びんの水に砂糖をプラスすると、花がぐっと長もちします。この効果を利用した切り花活性剤も市販されているほど。

スポーツ時のエネルギー補給に!
 マラソンなど特に持久力が必要なスポーツでは、途中で休憩する場合、砂糖の入ったドリンクを摂取すると、また運動を再開するときに持久力が増すことが、わかっています。

染め物や紙、車の燃料に丸ごと再利用!
 砂糖をとった後の植物も、役に立ちます。サトウキビの葉は、家畜の餌や沖縄特産のウージ染めの染料として、しぼりカスは肥料や家畜の餌、紙、ベニア板の原料に丸ごと再利用。ブラジルでは、サトウキビの糖蜜からつくったアルコールを自動車の燃料に使っています。サトウダイコンの葉も家畜の餌に、しぼりカスはサプリメント等の食物繊維として、余すところなし。

しょうゆ、ソース、ウィスキーの天然着色料に!
 砂糖を熱してつくる薄茶色に輝くカラメルは、安全な天然着色料として、昔からしょうゆやソース、ウィスキーなどの液体製品に色をつけるのに使われています。また、お菓子、パン、クッキーなどに香ばしい焼き色をプラスしたいときや、料理にコクや風味をつけたいときにも、砂糖は大活躍!

飲みやすい糖衣錠に!
 苦い薬を飲むのはイヤなもの。薬のまわりに糖液をふりかけ、コーティングすると、すっかり飲みやすくなります。糖衣錠は胃で溶け、小腸で吸収されます。

洗剤の原料に!
 砂糖を原料とするシュガーエステルは、無味・無臭・無毒な界面活性剤として、洗たく用洗剤や食器用洗剤のほか、野菜、果物の洗浄などに広く使われています。このほかにも、化粧品や医薬品、食品添加物としても利用価値大!


backnext