砂糖健康学入門 III

検証3 子供の肥満と砂糖
浜松医科大学教授 医学博士 大関 武彦
1960年代には全体の約2〜3%だった小児の肥満が、現在では10%前後に増加。
糖尿病や高脂血症といった生活習慣病も子供たちの世界にも広がりつつあります。
「砂糖は肥満の原因」といわれますが、本当にそうなのでしょうか?

特定の食品ではなく生活習慣全体が肥満の原因です

現代のライフスタイルと深い関わり
 肥満の原因は、摂取カロリーが消費カロリーを上回ることにあります。しかし、子供の肥満が問題視され始めた1960年代に比べ、穀物や砂糖の摂取量は低下傾向にあります。摂取カロリーが減っているのに肥満が増加しているのは、肥満の原因が砂糖など特定の食品だけではなく、遊びや運動を含めたライフスタイルと大きく関わっているからです。ゲームのような室内での電気機器を使った一人遊びや塾通いは、深刻な子供の運動不足を招いています。また、ストレスによる過食も肥満の一因です。
  さらに、小児期には成長に必要な栄養素を適切に摂ることが重要で、過度のカロリー制限は成長障害の危険すらあります。安易に摂取カロリーを減らすのではなく、生活習慣全般での肥満への対応が望まれます。





※ 標準体重は、こちらのページをご参照ください。(男子女子




目からウロコのお砂糖情報
“ミントティーの香りを豊かに!”
  ミントティーを飲むとき、フレッシュミントの葉にグラニュー糖を加えてもみ、お湯を入れると、香りがぐっと豊かになります。砂糖の甘味がハーブ特有の青臭さをマイルドにしてくれるので、さらに飲みやすさもアップ!

Report 子供の肥満と砂糖
食べ方も肥満の一因
 現代の家庭での食生活も肥満の原因。肥満を防ぐには、食べ方も見直してみましょう。
1.よく噛んでゆっくり食べる
 早食いは、満腹になる前に食べ過ぎてしまいます。
2.おやつは決まった時間に
 だらだらとおやつを食べていると、どのくらい食べたのかわからなくなります。
3.寝る前に食べない
 食べるのは、寝る2時間前まで。夜食は控えましょう。
4.「ながら食べ」はやめよう
 テレビを見ながらの「ながら食べ」は、満足感が得られず、食後にまた何か食べたくなります。
子供の頃の生活習慣が、一生の健康に影響する
 肥満につながる食事の好みや摂り方は、子供のときに形成されます。家族と一緒の食卓で栄養バランスのとれた食事を摂るのが、規則正しい食生活の第一歩。また、子供の頃から体を動かす経験を持つのも大切です。子供にとって、食生活や運動などの正しい生活習慣を身につけることは、大人になってからの健康や老後にまで影響する大変重要な課題です。



backnext