砂糖健康学入門 II

第2章 脳の健康 -知らなかった脳の真実を解明!
知っていましたか?こんな脳の話

脳を疲れさせる現代の社会環境の中で、食べ物や日常の時間の使い方など、自分の脳にとってどんな生活習慣がよいのか、判断するのは自分自身です。体の健康だけでなく、脳を活性化させる生活を考えてみませんか?

動物ののエネルギーは?
 草食動物は、草などに含まれるデンプンまたはセルロースからブドウ糖を摂取しています。肉食動物は、肉の中に含まれているグリコーゲンをブドウ糖に変えて、脳のエネルギーとしています。

赤ちゃんは
何故たくさん寝るの?
 赤ちゃんの眠りの多くが、夢を見ながら寝ているレム睡眠の状態です。この状態の時に、脳は入ってきた情報を整理し、記憶します。だから、新しい経験ばかりで情報のインプットが多い赤ちゃんは、よく眠るのです。

の情報は
どれくらいで伝わるの?
 血液は心臓から出て体をめぐり、また心臓に戻るまでに平均約20秒かかります。それに比べて脳は、足元から脳まで情報が伝わるのに、たった0.01秒という驚異のスピードです。

は何でできているの?
 脳の70%は脂肪、残りの大部分はタンパク質でできています。脳の神経は電気的な信号で情報を伝えるので、神経の束は漏電防止のために電気を通さない脂肪によって包まれ、保護されているのです。

砂 糖 ま め 百 科 。
砂糖は100%植物性!
  砂糖は、サトウキビやサトウダイコンから作られた100%天然の食品です。サトウキビはイネ科の植物で鹿児島県や沖縄県が生産地。サトウダイコンはホウレン草の仲間で、北海道が生産地です。サトウキビは3m以上になる茎に、サトウダイコンは大根のように太くなる根に糖分を蓄えます。水・空気・太陽エネルギーを使って蓄えた『甘さ』を結晶にした砂糖は、自然の恵みいっぱいのエネルギー源なのです。


backnext