砂糖健康学入門

虫歯と砂糖

日本では、昔から砂糖が虫歯の元凶だと信じられ、
誰もが子供の頃から言い聞かされてきました。
にもかかわらず、どうしていまだに日本人には虫歯が多いのでしょう。
また、欧米でも同じことがいえるのでしょうか。

虫歯の原因は、
砂糖よりも口内の衛生管理にあります。
事実、砂糖の摂取量と
虫歯の発生率は比例しません。

虫歯の原因は「食べ方」にあった!
 甘いものを食べる=虫歯になるというイメージがありますが、虫歯になるかどうかの鍵は、実は「食べ方」にあります。人間の口の中は、食べ物を食べて酸性になり、それが唾液で中和され、また食べて酸性になるという状態が6時間ごとに繰り返されます。基本的にその流れを乱さないような食生活を行うことが重要です。いつでも口の中に食べ物が停滞している状態ではなく、食事と食事の間に口の中を休ませる必要があります。普段、このような食生活をしていれば、虫歯の原因となる細菌自体が減るので、糖分が停滞しやすいあめなどを、食べたとしても虫歯になりにくくなります。
  さらに、食べ物をよくかんで食べることも大切です。何回もかむことによって、唾液が多く出て、自然に食べかすや細菌を洗い流します。
  また、虫歯は、口の中に停滞している食べかすが、細菌とからみ合って、酸を発生し、歯の表面を溶かすことによって、起こります。「口の中に停滞する」ことがひとつの大きな条件ですから、あまりべとつかず、すぐに飲み込んでしまうタイプのお菓子なら、糖分が含まれる甘いものを食べても、それほど影響はありません。


歯垢は細菌のすみか。
歯磨きで取り除けば、甘いものを食べても安心
 虫歯の予防方法としてもっとも大切なのは、口の中の細菌の量を減らすことです。歯の表面に住みついた細菌が、ごはん、パン、お菓子などに含まれる糖分を利用して作り上げた、細菌の大集落を歯垢=プラークといいます。ブラッシングによって、歯垢をきれいに取り除いておくと、虫歯の原因菌も繁殖することができず、その感染症である虫歯も起こりにくくなります。甘いものを食べた後、すぐに歯磨きをして汚れを落とせば、虫歯を恐れることはないのです。
  また、同じ物を食べ、同じように歯磨きをしても、基礎的な体力があると、細菌に対しての抵抗力が上がり、細菌の数が増えにくくなるため、虫歯はできにくくなります。体全体の健康に気をつけることも、忘れないようにしましょう。


backnext