脳一番BOOK

脳のエネルギー源であるお砂糖は、
ブドウ糖と果糖で
できています。
「あなたの脳に
お砂糖は
たりていますか?」

お砂糖は天然、無漂白です。
 お砂糖の原料はサトウキビやてん菜(さとうだいこん・ビート)です。その葉の表面で根から吸い上げた水(H2O)と空気中の炭酸ガス(CO2)をもとに、太陽エネルギーによってお砂糖が作られます。お砂糖を食べると、体内で加水分解によりブドウ糖と果糖になり、からだの大切な栄養源となるのです。

 お砂糖は、一粒一粒が結晶体となっています。純度の高いものは無色透明をしており、白く見えるものは光の乱反射によるもの。雪や氷が白く見えるのと同じ原理です。

ブドウ糖とは?

  別名グルコース。白色の結晶または粉末で、爽やかな甘さがあり、甘味はお砂糖の70%。水に溶けるとき熱を吸う性質があり、チューインガムに利用して清涼感を与えたりします。そのほか、果物缶詰の香りの増強や保持にも。また、酸化すればグルコン酸となり、酒類、食酢、清涼飲料水などに利用されています。
果糖とは?

  別名フラクトース。白色の結晶で、甘味はお砂糖の1.25〜1.7倍。自然界ではリンゴ、トマトなどに多く含まれています。高温で甘味度が低下する性質があるので、冷たい清涼飲料水やアイスクリームなどには効果的です。


backnext