脳一番BOOK

脳のつくりと働き
  物事を考える。自分自身や周囲の状況を認識する。目的をもって行動する。これらはすべて、脳と神経の連係によるもの。脳は約百四十億もの神経細胞で構成され、それらが複雑に接続され、さまざまな情緒や知的な活動を行っているのです。脳を構成するのは、左右の大脳半球、間脳、中脳、橋、小脳、延髄。これらの働きについて、少し触れることにしましょう。

脳幹 心臓を動かす。息をする。

大脳と小脳を除いた部分を脳幹といいます。ここは生命活動を維持するために欠かすことのできない場所で、呼吸したり、心臓を動かしたり、意識しないで活動している自律機能の調節をしています。


大脳 頭を働かせる。話をする。

脳全体の8割を占める最も主要な部分、大脳。ここでは思考、創造、判断、言語などのすべての知的活動、運動、感覚などをつかさどっています。したがって、大脳に支障をきたすと、人間らしい生活が営めなくなります。


小脳 からだを動かす。バランスをとる。

全身の筋肉運動や筋緊張の調節、姿勢やからだのバランスを保つ働きをします。そのため、この部分に障害が起こると、手足をうまく動かせなくなったり、歩けなくなったりします。

脳のシワはなぜあるの?

大脳皮質の表面は複雑なシワになっていて、このシワを広げると新聞紙1枚の面積に相当します。シワがあることで、大脳の表面積を広く取ることができ、また皮質の容積を増加させるのに役立っているのです。動物が高等になるほど、シワの数も多くなり、学習、感情、意志など高等な精神活動を営むようになります。


backnext